「歌で後押しできたらいいな」 足立佳奈が5thシングル『little flower』で見せた進化とは

19歳のシンガーソングライター・足立佳奈。彼女が5stシングル『little flower』に込めた思いを聞いてきた。

エンタメ

2019/04/24 06:30

足立佳奈

「踏み出そう今 見つけたい答えがあるから」。そんな、シンプルな歌詞が心に突き刺さるのは、彼女の感情がしっかりと歌声に乗っているからなのだろう。

99年生まれ19歳のアーティスト、足立佳奈。彼女が24日にリリースする5thシングル『little flower』に、どのような思いを込めて制作したのか、本人に迫った。


 

■感じたのは「お客さんの存在」

インタビュー時は、足立が初のライブツアーを終えたちょうど一週間後。いままで合同ライブから単独ライブ、そしてツアーへと着実にステージを上げている彼女に、いまの心境を尋ねる。

足立:いままではワンマンライブの経験も少なくて、イベントとかで2、3曲歌わせてもらうっていうのが多かったから、「みんなで作り上げる」というのがあまりなかった感じですね。


だからこそ、今回はお客さんあってのライブだったなぁって感じました。でも、意識しすぎたからか、歌とか歌詞とか伝えなきゃいけないことが緊張で飛んでしまって…でもその時のベストは尽くせたと思います!


関連記事:「好きになってから月が綺麗でした」 フルポン村上、足立梨花にガチ告白も衝撃の結末

 

■ツアーを経て得たもの

また、今回のツアーを通し彼女自身にも「ある変化」があったよう。それは、シンガーソングライターとして向上するのに必要なものといえる。

足立佳奈


足立:もちろん自分にも変化があって…歌い方ですね。今までは歌った後に汗をかくってことはなくて、言うなら笑顔で歌うっていう気持ちが強かった。でもそうじゃなくて、歌詞を伝えるためには自分が笑顔でいるよりも、曲にあったトーンで歌う必要もある。


だから「力強さ」を意識してバンドメンバーとやったりもして、そのおかげか「歌い方がCDと違うね!」ってファンの方からも言っていただけたり。そういう新しい発見もあって「もっと音楽を知りたい」って思うきっかけにもなりました。

次ページ
■日常生活に当てはまる作品

この記事の画像(11枚)


あなたにオススメ