たんぽぽ・川村エミコ、「二重まぶたに整形しない理由」に疑問の声

『おぎやはぎのブステレビ』たんぽぽ・川村エミコが整形をしない理由を明かす。ブスキャラで仕事をもらっていること、美人願望のなさを語るが…。

エンタメ

2019/06/11 12:30

©AbemaTV

10日放送の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)にお笑いコンビ・たんぽぽの川村エミコが出演。自身が整形をしない理由を明かした。


 

■「なんで整形しないの?」

番組では、「社会人、損なのはブス? ブサイク?」をテーマにトークを展開。お笑いコンビ・フォーリンラブのバービーが「一重まぶた=ブス・ブサイク」と切り出し、女性の場合は化粧で目元をカバーできるため、男性のブサイクのほうが損をしていると主張する。そして、「二重まぶたの整形なんて3万円でできますから」と話し、川村に美容整形を勧める。

MCのおぎやはぎ・矢作兼も二重まぶたは整形のうちに入らなくなってきているとし、「なんで整形しないの?」と川村に問いかけた。


関連記事:一重まぶたに悩む女性 母親に「整形したい」と打ち明けたらまさかの返事が…

 

■美人願望はナシ?

すると、川村は心が揺らぎつつも「でもなぁ…これでお仕事してるし。美人になりたいって(思わない)」と美人になりたい願望のなさを明かす。

この意見に、おぎやはぎ・小木博明は「顔で仕事が来てるわけじゃない」とフォロー。矢作も「勝手にこの顔が『みんなが求めてる顔』って思ってるだけで、多分周りは何も…」「数ヶ月で慣れるよ」と指摘し、自身の歯の矯正の経験を踏まえて整形は仕事に関係ないと主張する。

しかし、川村は「頑張ってる感も嫌なんですよね。『こいつかわいくなりたいんだ』みたいな…」と美容整形に後ろ向きな姿勢を話した。


■一重まぶたにコンプレックスがある人は…

一重まぶたが「ブス・ブサイク」を決めると主張したバービーだが、しらべぇ編集部が全国の20~60代の一重まぶたの男女431名を対象に「一重をどう思っているか」調査を行ったところ、女性の半数以上が「コンプレックスに感じている」と回答している。

バラエティ番組などで、アイプチをして二重まぶたになった姿に称賛の声もあがる川村。一重と二重のどちらが良いかはさておき、「こいつかわいくなりたいんだ」という自意識と向き合うようになれば、もしかしたら二重まぶたになる日もくるのかもしれない。

・合わせて読みたい→スピードワゴン小沢、相方の美容整形にドン引き 「整形と離婚だけは…」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の一重まぶたの男女431名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ