悲しくてもあまり泣かない 男性に多い理由は子供の頃からの教えか

悲しいことがあったときには、泣きたくなるのは当然である。しかし気持ちを抑え込んで、泣けない人もいるだろう。

ライフ

2019/06/12 11:00

 

■年を取ると涙腺が弱くなり

一方でちょっとしたことで、すぐに泣く人がいる。とくに年を取ると、涙腺も弱くなるのだ。

「年を取るにつれて、涙腺が弱くなるのは本当みたい。かわいいペット動画を観ただけで泣けてくるから、電車の中では控えるようにしているほど」(40代・男性)


思い出し笑いでなく、「思い出し泣き」をする人まで。

「思い出し笑いは昔からたまにやるけれど、最近は『思い出し泣き』をしてしまう。感動した出来事を思い出しては、目頭が熱くなってくる。周囲からすれば突然泣き出す痛い人だろうから、やめたいのだけれど」(40代・女性)


関連記事:お茶出しを「男性社員がしてはいけない理由」とは… 先輩の一言に唖然

 

■よく泣く人は感受性が豊か

自分の気持ちを隠そうとする人は、上手に泣けないようだ。

「感情を表に出す人は、涙を流しやすい。私の場合は悲しいことがあっても、その気持ちを隠そうとする。だから、涙がなかなか出ないんだと思う」(30代・男性)


よく泣く人は、感受性が豊かなのかも。

「好きなバンドのライブに行ったとき、友達は感動して泣いていた。私は感動したものの、涙を流すまでにはならなくて…。その子はよく涙を流しているので、感受性が人より強いんだと思った」(20代・女性)


涙くらい、好きなときに流したいものなのだが。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ