恥ずかしいけど痛くてツラい「痔」経験者は3割 男女で異なる傾向も…

座りっぱなしが影響?大学院卒の人は約4割が痔経験者であることが判明…

ライフ

2019/07/15 18:00

トイレ男性
(Manuel-F-O/iStock/Thinkstock)

ひどくなると椅子に座るのも辛い痔だが、場所が場所だけになかなか病院へ行けず、悩んでいる人もいるのではないだろうか。辛い物などの刺激物を食べることや長時間同じ体勢をとるなど、痔になってしまう原因は食生活や生活習慣など様々あるようだ。

では実際、どれくらいの人が痔に苦しんでいるのだろうか。


 

■約3割が痔経験者

しらべぇ編集部が、全国10代〜60代の男女1,721名を対象に調査したところ、全体の32.5%が「痔になったことがある」と回答した。

痔

なお、男性35.5%、女性29.8%と、男性のほうが痔になったことがある人が多いようだ。


関連記事:【潜入・痔の手術】丸見え丸出し!激痛!なんと「30代男性の59%が痔」という驚きの真実!

 

■男女間でなりやすい年代に違い

また、この調査結果を男女年代別に見ていくと…

痔

もっとも割合が高かったのは60代男性で47.5%。運動不足やストレスが溜まっていると痔になりやすくなることも関係しているのか、男性は年代が上がるにつれて割合も高くなるのが特徴的だ。

一方、女性でもっとも割合が高かったのは40代で36.1%。30代が34.7%で続きやや山型のグラフとなっている。女性は妊娠や出産の際に、圧迫されることや血流が悪くなることで痔になりやすい傾向があることが影響しているのかもしれない。


■院卒の4割が痔に

さらに、この結果を最終学歴別に見ていくと…

痔

もっとも割合が高かったのは大学院卒で40.6%、大学卒(34.7%)短期大学卒(33.1%)と続き、学歴が高くなるほど痔になったことがある人が多いことが判明した。

勉強している時間が長く、長時間座りっぱなしで同じ体勢を取り続けることが多いためだろうか、高学歴層は痔になる人が多いようだ。

・合わせて読みたい→周りにデリカシーのない人はいる? 無神経さに悩まされる傾向は男女で違いも

(文/しらべぇ編集部・赤坂

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17 日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ