ストーカー規制法違反での逮捕者相次ぐ 被害に遭った場合の対処法は…

ストーカー行為での逮捕が相次ぐ 悪質行為の実態とは…

話題

2019/08/24 07:20

(AlexLinch/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

人気アイドルグループ「Hey!Say!JUMP」の中島裕翔(26)につきまとったとして、警視庁赤坂署が、東京都内に住む20歳代の会社員の女をストーカー規制法違反容疑で現行犯逮捕していたことがわかった。

また、群馬県と佐賀県でもストーカーが相次いで逮捕されていた。しらべぇ取材班は、佐賀県警佐賀南署と群馬県警を直撃。


 

■警察による3回の警告を無視

佐賀南署は21日午後8時52分、ストーカー規制法違反の疑いで、佐賀市成章町居住の会社員の男(35)を通常逮捕した。逮捕容疑は19日、20日の両日、佐賀市の30代の知人女性に対し、4回にわたり勤務先や自宅で待ち伏せしたり、付きまとったりするストーカー行為をしたもの。

同署によると、女性から警察に相談があり、容疑者に3回、口頭で警告していたという。男は「間違いありません」と容疑を認めている。


関連記事:西内まりや、写真加工をやめた結果 ファンは衝撃「これやばい…」

 

■怨恨の感情を充足する目的

群馬県警高崎警察署などは22日、横浜市居住の男(45)をストーカー規制法違反の疑いで、通常逮捕した。県警によると、男は、群馬県西門地域居住の女性(当時50)に対して、恋愛感情や好意の感情を満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的を持っていたそう。

その目的を達成するために、被害者の両親に対して、6月9日と12日の両日、両親宅に押しかけるなど、つきまといを繰り返すストーカー行為を行ったという。

6月12日に被害女性が高崎警察署に相談し、その後被害届を提出し警察が捜査していた。そして、男が埼玉県警に8月5日に別の容疑で逮捕されていたことが判明。8月22日に不起訴になったため、群馬県警が逮捕した。

次ページ
■ストーカー行為には罰則規定がある

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ