『24時間テレビ』水卜麻美アナ、「最高に楽しかった」 完走後コメントに称賛

『24時間テレビ42』24時間駅伝の第3区を完走した水卜麻美アナウンサー。完走後のコメントに称賛の声があがっている。

エンタメ

2019/08/25 17:00

水卜麻美アナ

24日から放送されている『24時間テレビ』(日本テレビ系)。24時間駅伝の第3区を担当する水卜麻美アナウンサーが完走したあとのコメントに驚きの声があがっている。


 

■笑顔を絶やさず完走

番組の総合司会を務めながら、42.195kmの距離を走るという前代未聞のチャレンジをする水卜アナ。「ヘラヘラしながら爆走したい」という事前インタビューのとおり、強い日差しが照りつける中、笑顔を絶やさずに走り続けていた。

そして、アンカーのいとうあさこの元に辿り着くと、ふたりは強く抱擁。いとうは「よく頑張った!」と水卜アナの健闘を称えた。


関連記事:『24時間テレビ』水卜アナが笑顔で激走も… 「沿道の光景」が物議

 

■「最高に楽しかったです」

走りきった感想を求められた水卜アナは、「最高に楽しかったです」と笑顔いっぱいでコメントし、「『人と人』のテーマをこんなに感じられるのがこの駅伝なんだなって思って」と喜びを語る。

応援してくれたファンについても「沿道の人もメッセージをくれた人もみんなそうなんですけど、みんな『24時間テレビ』を見てくれてて、チャリティーTシャツ着てくれてたりして『いま何キロだよ!』って応援してくれて、その人たちの顔を近くで見られたのが本当に嬉しかった。本当にありがとうございました」と感謝を述べた。


■「本当にすごい」と反響

完走後に笑顔いっぱいで「楽しかった」と話す水卜アナに、ネット上では「素敵すぎ」「本当にすごいし尊敬する」と驚く声が続出した。過酷な状況でも楽しむ心を忘れない水卜アナに胸を打たれた人は多かったようだ。

「続いては総合司会を頑張ります!」と意気込みを語った水卜アナに、共演者からは「すごい」と感嘆する声も。彼女の一生懸命な姿勢と笑顔に、視聴者だけでなく共演者も勇気づけられたに違いない。

・合わせて読みたい→『スッキリ』水卜アナに心配の声 「24時間テレビの後なのに…」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一


あなたにオススメ