『鉄腕DASH』絶滅危惧種ラッシュに驚愕 「向こうから会いに来てる」説も

ホタルを求めて秘密の里山に向かった城島茂と国分太一。そこに待っていたのは…

2019/09/16 06:00

TOKIO

15日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、絶滅危惧種が次々と姿を現すシーンがあり、驚きの声が広がっている。



 

■秘密の里山に向かう

城島茂と国分太一、そして専門家の川上先生は新宿ベース基地にホタルを呼び戻すために生息地の環境を見ておこうということで、都内某所の「ホタルの楽園」へ。そこは詳細を明かすことができない「秘密の里山」だそう。

2人はその長閑で自然の美しい里山に「トトロの世界だよ」「都内にこんなところがあったとは」と驚きの声を上げる。


関連記事:『鉄腕DASH』19年目の稲刈りが成功し安堵の声 明雄さんを想う視聴者も

 

■絶滅危惧種ラッシュがスタート

ここから絶滅危惧種ラッシュがスタート。最初に出会ったのは、シュレーゲルアオガエル。城島はそれを見るなり、「懐かしい」とつぶやく。『鉄腕DASH』で生物と触れ合うTOKIOだけに、見たことがあったのだ。

次に姿を現したのはマルタニシ。国の絶滅危惧種で、田んぼや水路に溜まった藻などの汚れを掃除する生物で、川上先生によると、昭和の食通で漫画『美味しんぼ』に登場する海原雄山のモデルとなった北大路魯山人が亡くなる原因という説もあるのだそうだ。

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

次ページ
■カヤネズミに遭遇
日本テレビ城島茂鉄腕DASH国分太一絶滅危惧種カヤネズミトウキョウサンショウウオ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング