依存体質な友人が近所に引っ越してきて… 実態に「逃げたほうが良い」

高校時代から依存傾向がある友人との付き合いに悩む女性。悩み相談したところ、ネットユーザーは他の部分にツッコミを入れることに。

エンタメ

2019/09/17 05:45

女
(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

いびつな関係性であっても、それに慣れてしまうと当人ではおかしさに気付けないもの。とくに、付き合いの長い友人になるとそうだろう。

そんなことを感じさせる、女性向け匿名掲示板「ガールズちゃんねる」のあるトピックが注目を集めている。


 

■友人との経済格差に悩む

高校から付き合いがあり、現在は近所に住んでいる友人との経済格差に悩んでいるという投稿者の女性。旅行や高級なランチに誘ってきたり、高級なお土産を頻繁にくれるなどの行動が原因だ。

長い付き合いの友人に対して、そのような感情を抱くことそのものに罪悪感を覚えている投稿者。しかし、母親同士が仲良しであること、夫が「妻と仲良くしてほしい」と向こうの夫から言われるなどの理由で、距離を置くことは難しいと述べ、そこから話が次第にふたりの関係性に移行する。


関連記事:友人にまさかの過去が… 絶交するか悩む女性に「過去は過去」「おかしくない」

 

■近所に家を建てて…

投稿者によると、友人が近所に住んでいるのには理由があるという。もともと彼女は夫の転勤で東京生活を送っていたものの、昨年に戻ってきて、そのときに投稿者の家の近所に一戸建てを建てたそうなのだ。

友人は性格が悪いワケではないものの、昔から精神的に弱く、仲のいい人に依存する傾向が。高校生のときにも束縛的な行動が嫌だと告げたことが原因でパニックになり、泣かれてしまったことがあるという。

ゆえに、無碍にもできない状況なワケだが、接すれば接するほど投稿者の心の中には嫉妬の感情が芽生える。おまけに、友人はそれにはまったく気づいていないようで、ランチに誘われてファミレスを提案しても「奢るから隣町のホテルのランチに行こう」などと言ってきたりするそうだ。

次ページ
■「逃げたほうがいい」との声も

あなたにオススメ