ヒカキン、間近での格闘技に大興奮 「伝説の鳥肌…」「初めて見た!」

肌寒いときだけでなく、感動したときにも発生するのが鳥肌。しかし、周囲の人からは案外気づきにくい存在でもあり…。

エンタメ

2019/09/17 15:40

SNSなどで感情の起伏を示すときによく使われる「爆笑した」「涙出てきた」というワードがあるが、実際は淡々とした表情で文章を投稿するケースも多数。

似たような状況でよく用いられる「鳥肌立った」という表現を、ユーチューバー・ヒカキンが見事に体現したとネット上で話題になっている。


 

■これは確かに鳥肌もの

ヒカキンは16日夜に自身のツイッターを更新。「今日はRISE観覧してきました!」「那須川天心、カッコ良かった」と綴り、ファイティングポーズを構えてキックボクサーと一緒に写る画像をアップした。

「格闘技を初めて目の前で観て、殴る音蹴る音がすごすぎて鳥肌のオンパレードでした」と、感動具合を表現している。腕に浮かんだ鳥肌を強調している写真も合わせて添付されており、画像には鳥肌の立った状態で変顔を披露するヒカキンの姿が。


関連記事:米津玄師、ライブ会場に現れたヒカキンに反響 「さすが、この日に行くなんて…」

 

■ファンの目を釘づけにしたのは…

那須川天心の他に、同業のユーチューバー・セイキンやマスオらと撮影した豪華な写真にファンは大興奮。しかしインパクト満点の鳥肌に目が吸い寄せられた人も多いようで…

「普段は見えない伝説の鳥肌が見えてる!」


「これがヒカキンの鳥肌か…初めて見た!」


「ヒカキンさんは格闘技を見るのが初めてなんですね。僕はヒカキンさんの鳥肌を初めて見ました」


といった驚きの声が相次いでいる。


■じつはレアな鳥肌

自身の動画内でも感動すると、すぐに腕の鳥肌をアピールするヒカキン。しかし動画では光の関係なのか鳥肌が全く見えず、ファンからは「今日も見えない」「滅多に見えないと伝説の鳥肌」といった指摘の声が多数上がっている。

存在自体が幻かと思われていたヒカキンの鳥肌だが、今年5月にプロボクサー・井上尚弥の試合を観戦したときも「鳥肌が半端ないことになりました」と写真をアップ。腕には鳥肌がクッキリと浮かんでいた。

目撃するのが難しい「伝説の鳥肌」。ひょっとしたら格闘技とヒカキンの鳥肌は相性が良いのかもしれない。

・合わせて読みたい→武井壮がインスタで公開 日本を代表する「パンチの達人」集結

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ


あなたにオススメ