『アッコにおまかせ!』新人・小林アナにハプニング 「危ない危ない」

『アッコにおまかせ!』で小林廣輝アナウンサーが、踏み台から落下しそうになり一時騒然。

エンタメ

2019/10/13 14:30

TBS・小林廣輝アナ

13日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、今月より番組進行を務めている新人アナウンサー・小林廣輝を、あるハプニングが襲った。


 

■10月から国山アナと交代

9月までは「見習いアナウンサー」として、進行補助役で出演していた小林アナ。これまでは国山ハセンアナがメインで進行を務めていたが、10月に入り、小林アナに本格交代。

和田アキ子はじめ、ベテランタレントが多く出演する同番組特有の緊張感のなかでも、冷静に進行を務めるなどして、その能力の高さを伺わせていた。


関連記事:和田アキ子、嵐に関する発言が物議 「誤解を招くからやめて」

 

■「え、大丈夫?」

そんな小林アナを、ハプニングが襲う。巨大なパネルを使って、左上から右下へとシールをめくりながらトークを展開していく同番組。冒頭、小林アナが50センチほどの高さの踏み台に乗っかり、左上のシールに手を伸ばしたところ…。

踏み台の端を踏み、バランスを崩してしまう事態に。パネルも一瞬仰け反り、スタジオは「危ない危ない」とプチパニック。これには和田も「え、大丈夫?」「ここでニュースとかやめてよ」と動揺する。

しかしここでも冷静な小林アナは、焦りを見せることなく、「足元見て頑張ります」としっかり仕切り直した。

次ページ
■淡麗な容姿に注目集まる

この記事の画像(1枚)