ドバイのデニーズへ行ってわかった「日本のデニーズ」のありがたさ

やっぱり日本のデニーズが最強かもしれない…。

グルメ地域

2019/10/15 10:30

全米最大規模のレストランチェーンで、日本でも多数の地域に展開しているファミリーレストラン『デニーズ』。和食から洋食まで幅広いメニューがある店だが、じつはアラブ首長国連邦のドバイにも、複数のデニーズがある。


 

■ドバイでデニーズを発見

記者が訪れたのはドバイのデイラシティセンター(ショッピングモール)近くにあるデニーズで、日本のデニーズとはちょっとロゴが違う。

メニューは豚肉とアルコールが無い以外はほぼアメリカのダイナーのようなメニューで、日本のように幅広いメニューがあるわけではない。


関連記事:本田翼の出没場所にファン興奮 「行くの!?」「びっくりしちゃう」

 

■味はまあまあ良いものの…

記者が注文した串焼きのステーキは68ディルハム(約2,000円)で野菜がたっぷり入っており、味付けはアメリカ風の甘いバーベキューソースだった。

アラブらしいところといえば、ピタパンがセットでついてくるぐらいだろうか。どちらもそこそこ美味しいのだが…


■やはり日本のデニーズ最強

店を出て思ったのが「日本で2,000円出したらドリンクバーもつけて和洋メニューをそこそこ頼めるよな…」と、日本のデニーズのありがたさを感じた。

じつは日本のデニーズはアメリカ本社とのライセンス契約を終了しているため、運営のセブンアンドアイフードシステムズが独自にメニューを作っており、完全に日本人向けの店になっているのだ。

やはり日本人的には日本のデニーズ最強だよな…と思いつつ、ドバイのデニーズでの食事は終了した。ただ、話のタネとしては1回行くのもアリかもしれない。

・合わせて読みたい→ドバイの和食店『UMAMI』の寿司がポイズンすぎる色に衝撃進化

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(5枚)


あなたにオススメ