ピザーラ、台風被災地で無料炊き出し ボランティアの理念聞いた

多数のエリアに被害を及ぼした台風19号。ピザーラの行なったボランティアが話題を呼んでいる。

社会

2019/10/17 20:30

宅配ピザ
(hatman12/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

70名以上の犠牲者を出し、59河川で決壊・氾濫を起こした台風19号。地域を超えた援助やボランティアが行われている中、大手宅配ピザチェーン『ピザーラ』の対応が話題を呼んでいる。



 

■台風と宅配ピザ

激しい雨風の中で配達を行うのは、生身のドライバーにとって苦行以外のなにものでもない。そのため、台風と宅配ピザは相性が悪い存在と認知されてきた。

今回の台風接近を受けて関東・東海エリアでの営業を停止したチェーン店もあるほどで、やはり台風が与える影響はかなり大きいようだ。


関連記事:台風15号が直撃した館山市の給食が話題に 「企業などの協力得て徐々に充実」

 

■無償での炊き出し

17日に『ピザーラ』は公式ツイッターより、宮城県・伊具郡丸森町にてピザの炊き出しを行うと告知。「この度の台風19号で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます」「ピザーラのピザを無料で提供させて頂きます」と綴られたツイートには、炊き出しを実施する住所が記載されていた。

同ツイートを受けて、ネット上には「本当に感謝しかありません」「応援の意味も込めて、今週はピザーラ注文します」と言った称賛の声が相次いでいる。

次ページ
■援助の気持ちを惜しまない

この記事の画像(1枚)