1日40本タバコを吸う2歳児の現在に騒然 「9年前に政府から…」

『シンソウ坂上』で、かつて話題を集めた「1日40本喫煙する2歳児」の現在が明かされて…

エンタメ

2019/11/22 16:40

タバコ
Medioimages/Photodisc/Photodisc/Thinkstock

2010年、インドネシアの「1日40本タバコを吸う2歳児」がニュースとなり、世間を震撼させた。21日放送『シンソウ坂上』(フジテレビ系)では、『あの衝撃ニュース! その後のシンソウ』として2歳児の驚くべきその後を紹介。視聴者を驚かせている。


 

◼政府に批判殺到

ぽっちゃり体型の2歳児・アルディ君は現在12歳。タバコは「9年前にやめた」と語る。

2010年当時、未成年男性の喫煙率世界ワースト3位の41%だったインドネシアだったが、アルディ君のニュースが世界に発信されたことで政府に批判が殺到。インドネシア政府が禁煙を全面的にバックアップし、アルディ君を禁煙外来に通わせたという。

その結果、わずか3ヶ月で禁煙に成功したと明かされた。


関連記事:「日本はオリンピックに向けて全面禁煙になるらしい」 海外の反応

 

◼タバコから粉ミルク中毒に…

しかしそれから、口寂しさからタバコ中毒から粉ミルク中毒になったアルディ君。1日に3リットルもの粉ミルクを飲むようになり、体重は同世代の平均が14kgなのに対して36kgまで増加、肥満体型になってしまう。

その後、ダンスやサッカーにハマり、現在はぽっちゃり体型。禁煙外来で世話になった医師を目標に「医者になりたい」と将来の夢を語った。

次ページ
◼視聴者からは驚きの声