ミッツ、生放送で沢尻エリカ被告に苦言 「オリジナリティに欠ける」

『バイキング』保釈時に姿を見せなかった沢尻エリカ被告。ミッツ・マングローブが「詰めが甘い」とバッサリ切り捨てる。

エンタメ

2019/12/10 16:20

ミッツ・マングローブ
(写真提供:JP News)

タレントのミッツ・マングローブが10日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に出演。麻薬取締法違反の罪で起訴され、6日に保釈された女優の沢尻エリカ被告が保釈の際に報道陣の前に姿をあらわさなかったことに苦言を呈した。



 

■「エリカ様」は大女優の理想形?

沢尻被告が保釈の際に姿を見せずに書面で謝罪したことについて、番組では「あの対応はダメだと思う」「謝罪をしないのもエリカ様らしい」といった世間の声を紹介。

意見を求められたミッツは、「世間様にこんなにやいのやいの言われる筋合いもそこまでないと思うんですけど…」と切り出し、“沢尻エリカ”という女優像について私見を述べる。「『エリカ様』っていうのは、彼女が描く大女優像みたいなのが常に彼女の中にあって、破天荒っぷりや不良っぷりみたいなものも彼女が描く理想の展開されてきたんだと思う」と推測。


関連記事:坂上忍、沢尻エリカ被告の復帰に言及 「ぶっちゃけ引退するはずがない」

 

■保釈騒動に「詰めが甘い」

また、ミッツは「私、ずっと見てて、『なんかオリジナリティに欠けるよなこの人』っていうのをいつも思ってた」とコメント。「なんか誰かの受け売りっていうか、ずっと伝統的にあることしかしないなっていう」とバッサリ切り捨てる。

今回の保釈騒動についても、「今までの系譜をたどれば最後、湾岸署の前でバーンと記者会見すれば大女優の大舞台を演出できたはずなのに、そこやらないって詰めが甘いなあって」と苦言。「それがエリカ様がエリカ様になりきれない、じくじたるところなんですよね」と指摘する。

ミッツの辛口コメントに、MCの坂上忍は大笑いして「なるほどね〜」と感心していた。


■芸能人が批判を受けるのは仕方ない?

今回の事件、騒動で世間から厳しい意見が寄せられた沢尻被告。ミッツは「世間様にこんなにやいのやいの言われる筋合いもそこまでない」と言ったが、それだけ多くの人に注目されている裏返しともいえるだろう。

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,732名に「芸能人への批判」についてどう思うか調査したところ、4割以上が「芸能人が批判を受けるのは仕方がないと思う」と回答している。

批判

ミッツから「詰めが甘い」と言われてしまった沢尻被告。またいつか大女優としての姿を見せてくれる日は来るのだろうか。

・合わせて読みたい→沢尻エリカ被告の初公判が即日結審 検察側は懲役1年6か月を求刑

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名(有効回答数)