天野浩成、妻・雛形あきこを愛するあまり集めているモノ 「やばい奴やん」

『いまだ大明神』では、雛形あきこが夫・天野浩成に捨てさせてもらえなかったグレーのパーカーをお焚き上げした。

エンタメ

2019/12/27 15:40


 

■「理想の夫婦」との声も

しらべぇでも既報のとおり、雛形への強すぎる愛が度々話題になる天野だが、今回も番組終了後「相変わらずヤバい」「サイコパスすぎる」と反響を呼んでいる。

一方、「いい夫婦だなぁ」「溺愛っぷりが羨ましい」「本当理想の夫婦」と、羨望の声を上げる人も多数見受けられた。


関連記事:雛形あきこ、自撮り投稿に注意喚起コメント続々 「マンションが解析できる」

 

■約8割が「愛されたい」

本来なら捨てるはずのものまでコレクションしてしまうほど、雛形のすべてを愛している天野。一般的には「愛されたい派」と「愛したい派」、どちらが多いのだろうか。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1353名を対象に調査を実施したところ、全体の22.1%が「愛されるよりも愛したい」と回答。ほとんどの人が「愛されたい派」であることが判明した。

愛されたい01

今田に「こいつマジか…」と言われながらも、最後までお焚きあげを見守った天野は、無事パーカーが成仏されたことに安堵した表情を見せていた。

・合わせて読みたい→雛形あきこ、空港でのどすっぴん姿に衝撃 「え!?」「まさか…」

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年12月22日~2015年12月24日
対象:全国20代~60代の男女1353名