『紅白』米津玄師、出場していないのにトレンド入り 前回は歌唱力が話題に

第69回『紅白歌合戦』への出演で大きな話題となった米津玄師。今年はVTRでの出演にとどまったものの、トレンド入りを果たすことに。

エンタメ

2020/01/01 06:00

米津玄師

31日、『第70回NHK紅白歌合戦』が放送された。多くの出場歌手がツイッター上でその名前をトレンド入りさせるなか、VTRでの出演にとどまり、歌唱しないのはもちろんのこと、スタジオに登場していない米津玄師がトレンド入りを果たした。



 

■歌唱力が話題になった前回

前回の『紅白歌合戦』出演では、大きな話題となった米津。

故郷・徳島県にある美術館からの生中継で、大ヒット曲『Lemon』を披露したところ、あまりの歌唱力の高さに「ヤバすぎる」「口からCD音源」とお茶の間を騒然とさせたのは、多くの人が覚えていることだろう。

しかし、今年はVTR出演のみであることを30日に本人がツイッターで明かすと、実際に出場はなしに。



関連記事:嵐5人が初対面で米津玄師と食事 大野智は「絵の話で大盛りあがり」

 

■出なくてもトレンド入り

しかし、そこで終了しないのが米津。本番が始まり、トップバッターとしてFoorinが『パプリカ』をパフォーマンスすると、作曲者である彼に言及するツイートが増加。

作詞作曲・プロデュースを手掛けた『まちがいさがし』を菅田将暉が歌唱すると、さらにツイートが増加する。

次ページ
■紅白終了後にトレンド入り

この記事の画像(1枚)