藤川球児、ついに見えてきた記録 「松坂世代初の名球会」なるか

阪神タイガースの藤川球児が日米通算250セーブ間近だ。令和初の名球会の可能性もある。

阪神タイガース

阪神タイガースの藤川球児投手の名球会入りが目前に迫っている。日米通算243セーブで入会条件である250セーブまで残り7セーブで20年シーズンを迎える。



 

■220セーブまでは順調そのものだった

19年シーズンに16セーブをあげたことで名球会への入り口が近づいた。プロ22年目を迎える20年シーズン、あと7セーブで記録達成だ。プロ入り初セーブはあの「JFK」の一角として活躍した05年。この年は46ホールドと中継ぎとして回転した。

初セーブからわずか8シーズンで220セーブ。彼の持ち味である火の玉ストレートのように名球会まで一直線――誰もがそう思っていた。しかしMLB挑戦から雲行きが怪しくなった。


関連記事:サファテ、外国人初の偉業は? ケガからの復活、ライバルの存在

 

■6シーズンで7セーブ

13年にシカゴ・カブスに移籍した藤川。初登板で初セーブを決めて日本同様の活躍が期待された。しかしこのシーズンはわずか2セーブ。大ブレーキだった。MLB通算2セーブ。藤川は15年に独立リーグ・高知ファイティングドッグスに移籍し、日本での再スタートを切った。

16年に阪神に復帰。起用方法がぐらついたせいもあって、18年まで5セーブのみ。カブス移籍前の勢いはなくなっていた。40歳手前の藤川の名球会入りを考えるファンも少なかったはずだ。

次ページ
■9回のマウンドに帰ってきた