安住アナ、ビートたけし不在の『Nキャス』でボヤく 「何の工夫もなく放送中です」

安住紳一郎アナがNキャスでボヤいた。「何の工夫もなく放送中です」 視聴者からは労るコメントも

エンタメ

2020/01/05 11:00

ビートたけし

正月の特別番組が多く放送される中、TBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』が4日に放送された。MCを務める安住紳一郎アナの冒頭のボヤきに注目が集まっている。



 

■「なんの工夫もなく放送します」

情報番組でも正月には少し華やかになったり、特別ゲストを呼ぶことも多い中、『ニュースキャスター』はメインMCのビートたけしが正月休みのため欠席の状態で放送。

安住アナは「各局まだまだお正月編成ということで、特別番組が並ぶ中、堂々のレギュラー放送でございます」と力強く宣言。さらに「ビックリしました。なんの工夫もなく、放送中でございます」と続けた

番組放送の通知も遅かったようで、出演していた明治大学の斉藤孝教授は「ギリギリの連絡だったもので、今日からの沖縄旅行キャンセルしました」と言ってスタジオをザワつかせた。

安住アナは「正月休みを取れる人と取れない人が世の中には存在します」と自虐的なコメントをしつつ、番組がスタートした。


関連記事:『Nキャス』でビートたけしが武勇伝を明かす 「スタッフを飛ばしたことがある」

 

■「正月なのに」「たけしもいないし」

たけしは正月休みで欠席、しかも番組的には特別なことはないという放送だった『ニュースキャスター』。ネットでは「正月なのにお疲れさまです」「たけしもいないのに」と驚きの声が寄せられた。

また、何も工夫がない放送ということは、いつも通りの情報番組が見れるということで「正月番組ばっかりだったしそれはそれで」「レギュラー放送偉い」と安堵するコメントも。


■年末年始はテレビを見る?

YouTubeや各種ストリーミングサイトの影響で、テレビ離れと言われるようになった昨今。年末年始はテレビ局も力をいれて番組を作っているようだが、どれくらいの人が見ているのだろうか。

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,664名を対象に「テレビ番組について」の調査を実施した。年末年始に観ようと思っているテレビ番組があるグラフ

結果は、半数近くの人が「見たいテレビ番組がある」と回答した。年末年始に実家に帰省して、家族でテレビをみてコミュニケーションを取る文化はまだまだ廃れなさそうだ。

「休める人と休めない人がいる」とボヤいた安住アナだったが、仕事をしてくれる人がいることで、年末年始が楽しめることも忘れないようにしたいところだ。

・合わせて読みたい→ビートたけしが選んだ「今年の漢字」は? 書かれたのは意外な一文字

(文/しらべぇ編集部・Aomi

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1,664名(有効回答数)