『逃走中』りんごちゃん、ハンターにまさかの発言 「最高すぎる」

フジテレビ系の大人気特番『逃走中』に出演したりんごちゃん。ハンターに捕まってしまうも、その後まさかの発言…

エンタメ

2020/01/06 12:00

りんごちゃん

5日放送の『逃走中』(フジテレビ系)に、タレントのりんごちゃんが出演。ハンターに捕まってしまった際の抜群のリアクションに、視聴者から大反響が寄せられている。



 

■「男性以外の逃走者」ミッションで…

指定されたエリア内にて、ミッションをこなしながらハンターから逃げ切ることができれば、逃げ切った時間に応じて報酬が獲得できる同番組。

その中で、捕らえられた逃走者の復活カードを懸けた「男性以外の逃走者」のみが参加できるミッションが発生し、りんごちゃんはDAIGOから参加を持ちかけられる。

その電話中に惜しくもハンターに捕らえられてしまうのだが、りんごちゃんは自分を確保し悠々と去っていくハンターに、「なんですか~! バカチンが~!」と武田鉄矢のモノマネで反撃。逃走者からのまさかの「煽り」に、ハンターも思わず振り返らずにはいられなかった。


関連記事:フジテレビ『逃走中』で放送事故? ネット騒然「スタッフのミス?」

 

■「最高!」と大反響

ハンターに捕まるとその場に倒れ込んでしまう逃走者も多い中、番組を盛り上げようと、抜群のリアクションを披露したりんごちゃん。

冷酷なハンターの絶妙なリアクションも相まって、視聴者から「りんごちゃん、ハンターを煽る」「りんごちゃん最高すぎ」「逃走中のりんごちゃんやばすぎた」など、「思わず大爆笑してしまった」との声が続出。

一方、ミッションのルールが「女性逃走者のみ」ではなく、「男性以外の逃走者」とされたことにも、りんごちゃんファンから反響が寄せられた。


■約4割「モノマネができる人を尊敬」

個人の成績としては残念な結果になってしまったものの、大いに番組を盛り上げたりんごちゃん。ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女1,733名を対象に実施した意識調査では、全体でおよそ4割の人が「モノマネができる人を尊敬する」と回答している。

モノマネの調査

今回のりんごちゃんのように、モノマネとシチュエーションを絶妙にマッチさせられると、その場を一気に温められることも。モノマネでブレークするためには、完成度だけでなく頭の回転の速さも必要なのだろう。

・合わせて読みたい→『逃走中』純烈・酒井一圭が自首を選んだ理由 「気持ちわかる」と反響相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年10月28日~2019年10月30日
対象:全国10~60代の男女1,733名(有効回答数)