小学5年の息子がエロコンテンツ 放置するのか、それとも…

小学5年生の息子がアダルトサイトを見ていた。母親にとって難しい問題だが、さまざまな意見が寄せられた。

社会

2020/01/13 07:00

(Kana Design Image/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

多くの男性が一度は通る思春期にエロ本やサイトを見てしまう行為。ほとんどは親に見つかってしまうのがお決まりだが、親の立場からすれば心配してしまう場合もある。

女性向け掲示板『ガールズちゃんねる』では「子供がエロサイトを見ていた」とのトピックが立てられた。子供に寛容な意見から厳しい意見まで多くのコメントが寄せられたが、どう対処するのが正しいのか。



 

 

■避けては通れない道とわかっていても…

小学5年性の息子がいる投稿者。家族用のタブレットを置いてあり、YouTubeや調べ物しか使わないだろうと考えてフィルタリングなどは特にかけていなかったという。

ある日、閲覧履歴を見るとエロ漫画や画像を見た形跡があった。「小学生が見るには早すぎる内容に思えました」とあって、「避けては通れないしある程度仕方のない」とは思っていたものの、ショックを受けてしまったそうだ。


関連記事:「一口ちょうだい」が不快? 「正直うざい」と辛辣な意見も

 

■放置するべきなのか

投稿者は夫に相談したが、「男の子は母親にあれこれ言われるのは嫌な生き物だからとにかく放っておけ」と言われたそうだ。困ってしまった投稿者は相談をトピックで行ったが、夫に同調する意見は少なくない。

「ご主人の言ってることが答えだと思う」や「放っておきなよ。男の子なんだから、仕方ない」といったコメントが見られる。過剰な心配もかえって毒なのか。


■最低限のことは教えるべきとの意見も

一方で放置はせず、最低限のことは教えるべきとの声も。「お父さんから女の子を傷つけてはダメとか避妊はしっかりするとか、それとなしに教育しておかないと」や「ご主人に性教育をしてもらった方がいいかも」との意見だ。

小学生の男女交際が増えているとも言われる昨今。そうした関係が早いうちから発展する可能性もある。自力で正しい性知識をすべて知るのは難しい。

ただ、いざとなれば1つの知識漏れが相手を傷つける結果になりかねない。放置よりも優しく接して正しい知識を教えてあげるのが良いのかもしれない。

・合わせて読みたい→夫に娘の学資保険を相談したら… 「予想外の返答」に唖然としてしまう

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

この記事の画像(1枚)