さまぁ~ずが“脅威に感じる後輩芸人”とは? 「いなければ俺たちのCMだった」

『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます』でさまぁ~ずが後輩芸人への本音を漏らして…

エンタメ

2020/01/22 14:30

さまぁ〜ず

21日放送『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)にゲスト出演したさまぁ~ず・三村マサカズと大竹一樹が、「驚異に感じる後輩芸人」について熱弁。お笑い第7世代を代表とする若手やその場にいた千鳥への本音を漏らした。



 

◼さまぁ~ずが後輩を語る

ゲストのさまぁ~ずとの本音トークを展開したこの日。若手芸人からの質問にガチで答えていく流れのなか、平成生まれで現在テレビで大活躍中のお笑い第7世代の一員・四千頭身は「面白いと思う、驚異に感じる若手芸人はいるのか?」さまぁ~ずに質問する。

これに大竹は「『こいつ売れるかもな』ぐらいではみてる可能性もあるけど、そういう意識(脅威かどうか)でみていない」と告白。

自身が『キングオブコント』の審査員をやりはじめてから「同じネタでもその日によってクオリティの良し悪しがある」ため、「可哀想だから、知らない状態で観られるようあえて観ないようにしている」と解説し、若手芸人を意識しないため驚異には感じないと暗に語った。


関連記事:さまぁ~ず、今でも「仕事がゼロになる」か不安 過去のトラウマ明かす

 

◼千鳥は?

ここで同席していた千鳥・大悟から「逆に僕らをどう見ているのか?」さまぁ~ずに質問が飛ぶ。

これに三村は「千鳥が出てこなければ、(千鳥が現在担当している)半分ぐらいのCMが俺らだったんじゃないかな…」と本音を吐露。大竹は「じゃあだいぶ脅威だな」とツッコんだ。

次ページ
◼視聴者の反応は…