Creepy Nutsが『タモリ倶楽部』出演を猛省 「タモリさんがスゴイうるさそうにしてた」

『あちこちオードリー』で『タモリ倶楽部』出演を反省したCreepy Nutsにオードリー・若林正恭が助言をおくった…

エンタメ

2020/01/25 16:40

CreepyNuts
(写真提供:JP News)

オードリー・春日俊彰が店主、若林正恭が常連客となり、客として訪れたゲストと赤裸々なトークを展開する『あちこちオードリー ~春日の店あいてますよ~』(テレビ東京系)。

25日放送回では世界一に輝いたDJ松永とR-指定によるHIP-HOPユニット・Creepy Nutsが登場。『タモリ倶楽部』出演時の反省を述べたのだが、これに若林が自身の経験を踏まえた助言をおくった。



 

◼バラエティでも活躍

芸人顔負けのトーク技術が受け、ラジオやバラエティ番組でも活躍中のCreepy Nuts。テレビ出演時には「ディレクターさんから『ラジオの感じでお願いしますよ』って言われる」と松永は語る。

これを「しゃべり続けるスタイル、テンションを求められる」とR-指定が解説したが、松永は「技術がないから『あの引き出し開けよう』なんて分かんない。もうその場で一生懸命しゃべる以外(できない)」とテレビ出演の悩みを告白。

「暗中模索で頑張る」だけとテレビへの向き合い方を力説したCreepy Nutsだったが、『タモリ倶楽部』出演時はそれが仇になったと振り返っていく。


関連記事:Creepy Nuts・DJ松永が異常な私生活を暴露 R-指定「サイコの部屋」

 

◼『タモリ倶楽部』で失敗

R-指定は「一生懸命、大きい声を出してバーッてしゃべり続けたんですけど、『タモリ倶楽部』のBPMがそれじゃないから。松永の隣でタモリさんがスゴイうるさそうにしてた」とラッパーらしく「1分間の拍数、テンポの単位」であるBPMを絡めて出演時の反省点を明かす。

ゆったりしたテンポの『タモリ倶楽部』に対して、倍のBPMを刻んでしまった松永は「だって台本にBPM書いてないんですよ」と不満をあらわに。

若林も「BPM書いて欲しい。俺たちもそのショックある、『BPM間違えてたな』って」と芸人でもテンポを間違える番組だと共感する。

次ページ
◼若林も反省