タモリ、めったに出会えないレア電車と遭遇 強運ぶりに「持ってるな」と羨望も

『ブラタモリ』(NHK)で、タモリが珍しい列車に出会う。

タモリ

8日に放送された『ブラタモリ』(NHK)では、前回に引き続き、タモリ一行が高知県四万十川を訪問。前回同様、四万十川に隠された秘密に迫る一方、タモリの強運が視聴者の間で話題となった。



 

■偶然出会ったのは…

四万十川の源流地点を目指すタモリ一行。その途中、タモリは線路を発見。案内人が「(電車)通るかもしれません」と話しかけると、タモリは「いや、本数が少ないから…」とコメントし、この線路が予土線であることを林田理沙アナウンサーに教えた。

するとその直後、踏切の警報音が鳴り響く。聞きつけたタモリは「おっ、珍しく来ますね!」と興奮状態に。そんなタモリに林田アナは「タモリさんラッキーですね」と声をかけ、このタイミングの良さにタモリも「ラッキーだね」と嬉しそうな表情を見せた。


関連記事:タモリ、フランス・パリを訪問 遭遇した日本人が大喜びで「嬉しそう」の声相次ぐ

 

■レアな列車だった

タモリ一行の前を通過したのは、0系新幹線の車体を真似した可愛らしい車両。この車両は2014年から運行している「鉄道ホビートレイン」という列車で、ディーゼルカーを改造したものだという。

なお、平日2往復しかしていないレアなもので、遭遇したタモリには「さすがタモさん持ってるなー」「タモリさん、ラッキーだね!!」と、視聴者からは羨望の声が相次いだ。


■自分は運が良いと思う割合

しらべぇ編集部が、全国20~60代の男女1,353名を対象に調査を実施したところ、27.3%が「自分は運が良いと思う」と回答。

運が良いか

その中でも、43.1%と50代女性が最も多く回答している。若い年齢の人よりも物事に対する考え方に余裕があるからだろうか。

今回強運を見せつけたタモリ。今後も、その運の強さがみられる日を楽しみに待ちたい。

・合わせて読みたい→『ブラタモリ』ナレーションの草彅剛、「声がかすれてる」と心配殺到 ファンが原因究明

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年12月10日~2015年12月24日
対象:全国20代~60代の男女1,353名