『サザエさん』磯野家が喋る英語に困惑 「出川イングリッシュ…?」

『サザエさん』で磯野家が英語を勉強し始めるも…その出来栄えに困惑の声が広がる。

エンタメ

2020/02/24 13:00

サザエさん

TVアニメ『サザエさん』(フジテレビ系)の第2544話が23日に放送。磯野家が英語学習に向き合い始めるものの、そのなんちゃって英語感に困惑の声が広がっている。



 

■磯野家、英語学習を開始?

この日、2本目に放送された「姉さん英語生活」。サザエが日本語ペラペラな外国人の青年に話しかけられ、バス停まで道案内することに。

そして、それを見た花子の父がサザエは英語が堪能だと勘違いし、サザエのほうもカツオやワカメが英語を勉強するようにと得意なフリを続ける……という内容だ。


関連記事:『イッテQ』河北麻友子、“出川イングリッシュ”に絶句 「とても失礼」

 

■英語というよりルー語?

しかし、その英語の内容が独特。「ハーイ、サブチャーン」「アンダースタンドシスター」「シスター、ハズバンドが帰ってきたよ」「サケ、プリーズ」……などなど、単語を部分的に英語に置き換えただけだったのだ。

もちろん、発音も言うまでもなく日本語のまま。国際化しているとはあまり言えない出来栄えだった。

次ページ
■ツッコミの声相次ぐ

この記事の画像(2枚)