マツキヨのマスク求める列で乱闘か 「中国人が毎日30人くらい並ぶ」

なかなか手に入らないマスクを買い求める列への割り込みで、乱闘が勃発。

話題

2020/02/25 18:00

マツモトキヨシ

市場でのマスク不足が深刻化し、毎日のように全国のドラックストアーなどでは、マスクを求める客の大行列が続いている。そんな中、SNS上に「列で殴りあいが起きている」という投稿がされている。

しらべぇ取材班は、投稿者などから話を聞いた。



 

■たまたま通りかかって現場に遭遇

投稿者のニールさんによると、25日午前9時15分頃、横浜市中区伊勢佐木町のマツモトキヨシ伊勢佐木1丁目店で、事件は起きたという。

ニールさんは、たまたま通りかかってこの場面を撮影。現場にいた人は、「毎日30人以上の中国人が、マスクのために開店待ちをしている。今日は割り込みがあったみたいだ」と話していたという。


関連記事:ドラッグストアの買い占め客 店員から注意されまさかの行動に…

 

■入荷日がわかりづらいことも原因か

マツモトキヨシホールディングス広報は、取材に対して、「まず今回の事案は、大変残念」と述べた。その上で、「各店舗では、現在購入できる点数に制限を設けている」と話す。

「マスクが入荷する日がわかりづらい現状だが、入荷がない日は事前に並んでいる方にお知らせしている」と語る。最後に、「メーカーの協力を得て、多くの方に届くように努力したい」とのこと。


■買い占めによる悪影響が…

経済産業省によると、1月最終週には、週1億枚超を供給できるようになったが、それでも週9億枚に急増した需要に追い付いていない現状だという。

そのため、SNS上には、「いまだにどこにも売っていない」や「花粉症がきつくて頭が痛い」といった切実な訴えが投稿されている。

高額転売を目的に大量購入する人もいるとみられ、ある小売店からは、「中国人ブローカーがいる」という声も聞かれた。担当者は、「増産しても買い占めがあるから、なかなか行き渡らない」と述べた。

・合わせて読みたい→朝3時入荷されたマスク その売れ行きに驚き「目覚ましセットして…」

(文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(1枚)