アインシュタイン稲田、顎が原因で海水浴場が騒然 「マジか」

『ヤバい話をマンガにしてみた』で、アインシュタイン稲田の悲しい海水浴エピソードが紹介され、話題に。

2020/03/10 20:00


 

■「草すぎる」「面白い」

ただ気持ちよく泳いでいただけなのに、サメに勘違いされてしまったという稲田。

このエピソードに対し、ネット上では「稲ちゃん海でサメと間違えられるとは…」「海で浮いてるだけでサメに勘違いされるとか草すぎる」「マジか」「稲ちゃんの顎=サメはおもろい」などの声が集まっている。


関連記事:アインシュタイン・稲田、お笑い第7世代への不満爆発 霜降り・せいやにブチギレ

 

■「海が好き」は約6割

ちなみに、しらべぇ編集部では以前、全国の20~60代の男女1,343名を対象に「海が好き」か意識調査を実施。その結果、「海が好きな人」は61.0%だった。

稲田もこの層に当てはまると思われるが、もし今回のような勘違いが続くと、気持ちも冷めてしまいそうだ。

・合わせて読みたい→海岸で発見された人間の脚 サメに食われた男性のものと判明

(文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1343名(有効回答数)

→【Amazon】日用品・食品・飲料サマーセール開催中 8/12まで

芸能勘違いサメ海水浴稲田直樹アインシュタイン稲田ヤバい話をマンガにしてみた
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング