人の幸せを願う余裕がない… 「心のどこかで嫉妬してしまう」との声も

自分が幸せであるように願うのは、当然の行為である。では他人の幸せを願える人は、たくさんいるのだうか?

ライフ

2020/03/22 20:50

祈る
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分が幸せであることを願うのは、当然のことである。それでは周囲の人たちや赤の他人に対して、幸せであるように願えるだろうか。


画像をもっと見る

 

■「人の幸せを願う余裕はない」4割も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,653名を対象に、「幸せについて」の調査を実施。

人の幸せを願う余裕はないグラフ

「人の幸せを願う余裕はない」と答えた人は、全体で40.6%だった。


関連記事:「毎日が同じことの繰り返しなので…」 自分には幸せが回ってこないと思う理由とは

 

■他人のことまで願う余裕がない

性年代別で見ると、ほとんどの性別と年代で4割を超えていることがわかる。

人の幸せを願う余裕はない性年代別グラフ

老若男女問わず、余裕がない人が多いのだろう。

「自分さえも幸せにできていないのに、他人のことを考えている余裕ははっきりいってない。もう少し年を重ねれば、精神的な余裕が出るかもしれないけれど」(20代・女性)


しかしながら年を重ねて人の幸せを願えるようになるのは、今回の結果から見ると男女ともに60代を超えてからである。

次ページ
■自分も他人も幸せになる

この記事の画像(3枚)