山積みペヤング、レトルト食品… 買い占めに応戦する店に称賛の声

都内各地で食料の買い占め騒動が起きているが、ドン・キホーテ中目黒本店では、店頭に異様な光景が。

社会

2020/03/27 05:45

25日、小池百合子都知事が要請した「週末の外出自粛」を契機に、都内各地で食料の買い占め騒動が起きているが、東京・目黒区にあるドン・キホーテ中目黒本店では、店頭に異様な光景が広がっていた。



 

■スーパーで頻出する「爆買い」

品薄状態のインスタントラーメン

新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、都知事が口にした「外出自粛」。

2月中旬から続くマスク、トイレットペッパー買い占めに加え、この日を境にして顕著になったのがカップラーメンや米といった食料品の買いだめだ。既報の通り、各地のスーパーには不安に駆られた人たちが次々押し寄せ、半ばパニックに近い“爆買い”が発生している。


関連記事:突然の都知事緊急会見で都内は一時大混乱 「スーパーにもう何もない」

 

■山のようなペヤング

そんな26日の夜、ドンキグループの総本山である「ドン・キホーテ中目黒本店」の店頭に大量のカップ焼きそば「ペヤング」や「どん兵衛」が並べられ、一部のファンを喜ばせている。

本店としてのプライドなのか、山手通りに面する入口前には約2mの高さまで積み上がったペヤングの山が形成され、店内には通路を覆い隠さんばかりにレトルトカレーやレトルト中華丼などの在庫が山積み。一部の棚に空きはあるものの、他店の在庫不足が嘘のようである。

中には18箱入りの段ボールごと陳列されている物もあり、このスペースだけは買い占め騒動とは無縁のようにも思えるほどだ。

現地でそんな様子を目の当たりにしたツイッターユーザーのyoshihiroさんは「買い占められるものならやってみろ!と言わんばかりの陳列をするドンキホーテが好き」と同店を絶賛していた。


■在庫、入庫状況をすべてオープンに

同店では数週間前から店頭にホワイトボードを置き、そこにマスクやトイレットペーパー、消毒薬などの入庫、在庫状況をリアルタイムに記載するなど、その親切さがツイッター上でも話題になっていた。

26日には、「お米・レトルトご飯…1家族1点、出ているだけ」「たまご…入荷待ち」「UNO・オセロ・トランプ…もりだくさん」など、問い合わせの多い商品24品目の最新ステータスを記載。

陳列に集中するためか「19:35更新 どの従業員に聞いても返答は変わりません」と注意書きを添えていた。まるで“令和の米騒動”といった一連のトラブル。買い占め、買いだめ対策に、どのお店も必死になって“応戦”を始めている。

・合わせて読みたい→トイレットペーパーが入荷するも… 「買えなかった理由」に共感の声

(文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

この記事の画像(1枚)