岡副麻希、『めざましどようび』を卒業 「これからは自分の身体を使って…」

岡副麻希がめざましどようびのキャスターを卒業。感謝とこれからの活動についてインスタで綴った。

エンタメ

2020/03/29 06:30

フリーアナウンサー・岡副麻希が自身のインスタグラムを更新。『めざましどようび』(フジテレビ系)のキャスター卒業について感謝を述べた。またこれからの活動についても綴っている。



 

■「感謝の気持ちでいっぱい」

View this post on Instagram

#めざましどようび  今朝、大学四年生の頃から五年半お世話になった めざましどようびを卒業しました🌸  いつも肩書きをつけるとしたら フリーアナウンサー、キャスターとなってはいるものの自分からそれを言うのは烏滸がましい感じがして自分からは未だに言えなくて、 そんなぽんこつな私を朝からみたくない人 たくさんいらっしゃると思うのですが、 今想像以上にたくさんあたたかいメッセージをいただいて、みなさんの懐の深さ?感謝の気持ちでいっぱいです!  本当に本当にありがとうございました❣️❣️  これからはもっと自分のからだを使って 身体作りを伝えるようなお仕事などにも挑戦したいです👯‍♀️💫💫 これからも宜しくおねがいします☺️  実は、めざどを卒業するのは二度目で 2、3枚目は三年前の一度目の卒業の日、 その引き継ぎのときの お天気担当時代の写真です☀️☁️👧🏽  んー、すこしは年相応になれたでしょうか笑 前回の卒業のとき号泣してお天気読めなくなったので 今回は笑って卒業したいと思っていました🥺✊🏽

A post shared by 岡副麻希 (@maki_okazoe_official) on

岡副は「今朝、大学4年生の頃から5年半お世話になっためざましどようびを卒業しました」と投稿。「想像以上に温かいメッセージをいただいて、みなさんの懐の深さ? に感謝の気持ちでいっぱいです」と心境を語った。


関連記事:岡副麻希、美女に囲まれた姿での謝罪にファン衝撃 「私のせいで…」

 

■今後については…

また続いての投稿では共演者たちとの集合写真を公開。「スタジオにいるみんなが温かい人たちで、いつもその温かさに甘えっぱなしでした」「皆さんもう絶対的な包容力と安心感があっていつも助けられてきました」と記している。

今後の活動については「自分の身体を使って、身体作りを伝えるようなお仕事などにも挑戦したいです」と意気込みをみせている。

次ページ
■アナウンサー仲間からは…