#ババババンビ、不幸なデビュー公演中止も「いつかやりなおす」と前向き

3月27日、5人組アイドルユニット「#ババババンビ」のデビュー記念記者会見が都内のライブハウスで行われた。

3月27日、5人組アイドルユニット「#ババババンビ」のデビュー記念記者会見が都内のライブハウスで行われた。

当初はデビューイベントとして大々的にライブを行う予定だったが、新型コロナウイルスの影響を鑑みて、チケット完売状態だったライブを急遽中止し、記者会見のみの開催となった。


画像をもっと見る

 

■タレント揃いの5人

ババババンビ

記者会見ではまずはメンバーたちが自己紹介を行った。(写真では左から)インドネシアと日本のハーフという池田メルダ、三重県出身のガチアイドルオタ・小鳥遊(たかなし)るい、身長149センチの自称ミニマムアイドル・岸みゆ。

さらには3月14日に芸能界引退した川崎あやが後継者と目していた水湊みお、現役マジシャンというアイドル離れした特技持つ吉沢朱音。そんな個性の光る5人で構成されている。


関連記事:平均年齢13.6歳のアイドルユニット『821』始動 「ありのままの自分を見てほしい」

 

■逆境の中で始動

ババババンビ

デビューライブのチケットが払い戻しになるなど、これまでない逆境の中でのスタートとなったメンバー。それぞれの心境は複雑なようだが、新たな夢に向けての第一歩を踏み出せた喜びの方が大きいようだ。各自のコメントは以下の通り。

「いつまでも下を向いていたら何も始まらない。しっかり上を向いて、今後のライブを頑張っていけたらいいなと思います!」(池田)

「ツイッター上での応援コメントや、事務所の先輩方もすごく応援してくれている。それを忘れず今後も一生懸命やっていきたいです」(小鳥遊)

「デビューライブの中止をツイッターでお知らせした時、ファンのみんなが『誰も悪くない!』と励ましてくれて、すごく元気になった。もっと成長してから、改めて大きな会場でデビューライブをやりたい」(岸)

「この会場でいつかデビューライブをやりなおしたい。メンバーには福岡出身が2人いるので、将来福岡でもワンマンライブをやりたいという夢もあります。そして、2年後には武道館! 目標は大きく持っておきたい」(水湊)

「約5ヶ月間、この日のためにレッスンを一生懸命続けてきました。中止が決まってすごくショックで、泣き出すメンバーも。でも私たちのユニットはこれからで、ライブはこの日だけではないのです。夢を叶えるために団結して頑張ります」(吉沢)


■会見時の写真まとめ

ババババンビ

・合わせて読みたい→「こんな私もいるんだよ」 安田レイ、最新作『Re:I』でいい意味の裏切り

(文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤 撮影/HIRO)

この記事の画像(23枚)