武井壮、自粛に対しストレス しかし「ちょい我慢や」と呼びかけ

武井壮がツイッターで自粛中の思いを明らかにした。ファンからは励みになったというコメントも相次いでいる。

エンタメ

2020/04/01 07:30

武井壮

タレントの武井壮が31日に自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスによる自粛で制限されていることにストレスを感じているようだ。



 

■自粛の影響を受け…

武井は「うおー! 街走りてえ! みんなで飯食いてえ!! ゲラゲラ笑って語りてえ!! ハグしたり握手したりしてえ!!! 不安なく毎日過ごしてー!!」と自粛の影響によってうっぷんがたまっていることを明かしている。

しかし、それでも自粛はしなければならないことも理解している様子で、「コロナ落ち着いたらこれでもかってくらい満喫したるからな!! 経済ぶんまわしてやるぜ!!! それまでちょい我慢や!!! 待っとけ!」と百獣の王らしい豪快な予告をした。


関連記事:シャッター閉まる秋葉原で見た驚きの光景 「まるでゴーストタウン」

 

■「待ち遠しいです」

「満喫してやる」「経済を回す」と宣言した武井に対し、ファンからは「一日もはやくそんな日が戻ってきて欲しいですね」「武井さんが経済ぶん回したり満喫するの待ち遠しい」といった期待の声が見られた。

また、「このツイート見て元気出ました。頑張りましょう」「自粛も大変ですけどコロナの方が大変ですよね」といったコメントも多く、武井の投稿が励みになった人もいるようだ。


■自粛してやることがある?

自粛の中でも一番影響を受けるのは外出自粛だろう。会社や学校が休みでも外出できないとなると本当にすることがないと困る人もいるはず。

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,789名を対象に、「休日の過ごし方について」の調査を実施した。結果、「とくにすることがない」と回答したのは36.9%、つまり大体3人に1人は休日にやることがないようだ。

休みの日はとくにすることがないグラフ

外出自粛や暗いニュースが多くなっているが、コロナウイルスの感染拡大が終わった後にやりたいことを考えつつ、今を有意義に過ごせるようにしたいものだ。

・合わせて読みたい→YOSHIKI、LAから日本へ自粛呼びかけ 「手遅れになる前に…」

(文/しらべぇ編集部・Aomi

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)