『スッキリ』近藤サト、中継で生出演 「スタジオに来ない理由」に称賛の声

『スッキリ』フリーアナウンサーの近藤サト、スタジオではなく中継で生出演。その理由に称賛の声があがっている。

エンタメ

2020/04/01 13:30

テレビスタジオ
(ozanuysal/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

フリーアナウンサーの近藤サトが、1日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に中継で生出演。同番組の新型コロナウイルス対策に、称賛の声があがっている。



 

 

■「感染者であるかもしれない」と仮定

番組冒頭、水卜麻美アナウンサーは「スタジオに集まる人を少しでも減らそうということで、番組からお願いをして一部のコメンテーターの方に中継でご出演していただけることになりました」と説明し、近藤を紹介する。

MCの加藤浩次から「やりづらさはありますか?」と聞かれると、近藤は「全然ないです」とコメント。「私はなぜ今ひとりでいるかというと、誰から私が(新型コロナウイルスを)うつされないようにというのではなくて、『私はすでに、じつは感染者であるかもしれない』と仮定して行動することが大事だと思っているんですね。そうすると人との距離もおのずと取るようになる」とし、今回の中継は近藤による意思でもあると説明した。


関連記事:加藤浩次、『スッキリ』欠席の理由に視聴者驚愕 「大丈夫なの…?」

 

■SNS上で称賛の声

近藤の話を受け、加藤は「その意識って大事ですね。自分が感染してなくても、感染していると思って人との距離をちゃんと取れるっていうのは大事です」と共感。

SNS上でも「スタジオで撮影しているテレビ番組、出演者が心配だったからこれは本当にいい見本だと思う」「その考え方、素晴らしい!」「こういう出演形式がどんどん増えてもいいと思います」と称賛する声があがっている。


■番組の決断に反響も

ちなみに31日の放送では、現在妊娠中のフリーアナウンサーの高橋真麻が番組を欠席。出演者とその家族を守るための番組の決断に、SNS上では「スッキリ!! 英断だよ」「スッキリのチームワーク好き」との声があがっていた。

新型コロナウイルスの感染はもはや他人事ではないだけに、近藤のように「すでに感染者かもしれない」と考えて行動することが大切なのかもしれない。

・合わせて読みたい→『あいつ今何してる?』に志村けんが出演 回復を祈る声が殺到

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一