芳根京子、リモート飲み会初参加するも「いつもの癖」で記憶が飛び飛びに

女優の芳根京子が自身のブログを更新。初のリモート飲み会に参加も寝落ちしかけてしまったことを明らかにした。

エンタメ

2020/05/03 17:00

芳根京子

2日、女優の芳根京子が自身のブログを更新。リモート飲み会に初挑戦したことを明かしたものの、芳根のキュートな「癖」に注目が集まっている。



 

■リモート飲み会に初参加

昨今の新型コロナウイルスによる外出自粛の影響を鑑みて、「初めて地元の友達とリモート飲み会というものをしました」と報告した芳根。お酒を飲んだのは最初の1杯だけで、「6時間くらいぶっ通しで喋ってた」とつづっており、旧友たちとの昔話に花を咲かせたようだ。

しかしながら、長時間の飲み会で流石に眠くなってしまったようで「途中半分寝かけて所々覚えていない」と、酔ってもいないのに途中で寝落ちしかけたことを明かしていた。


関連記事:芳根京子、コロナ予防の“徹底ぶり”に称賛 「見習いたいです…」

 

■実は寝落ち常習犯!?

今回リモート飲み会の最中に寝落ちしかけたことを明かしていた芳根だが、ブログでは過去にも寝落ちエピソードを数々披露しており、その度にファンをほっこりさせてきた。

2017年11月23日のブログでは、自身が吹き替えを担当した映画『ボス・ベイビー』の宣伝をする予定が「昨晩書いてたのにまた寝落ちしてしまった」とつづっており、2015年6月30日のツイートでは「LINEを返してる途中に携帯を握りしめたままいつの間にか寝ていました」と投稿。毎回睡魔に負けてしまう体質のようである。


■ネットでは

今回の投稿に対して、ネットでは「きょんちゃんは何飲むんだろう」「一緒にリモート飲み会したい!」といった声が多く、芳根がリモート飲み会をしたときの様子が気になるファンが続出。

また、「きょんちゃんの寝落ち久しぶりに聞いたw」といったコメントも。どうやら芳根を昔から見守っている古株のファンたちには、芳根の「寝落ち癖」は見抜かれていたようだ。

・合わせて読みたい→ロンブー淳、リモート卒業式のため著名人募集 「協力したい」の声集まる

(文/しらべぇ編集部・北田力也