趣味を共有したいから… 4人に1人が「好きな人の好きを無理して好きに」

好きな人の趣味や興味のあることに、影響を受ける人も多いものだ。一緒に、時間や気持ちを共有したいのだろう。

男女

2020/05/17 08:00


 

■付き合う人が変わると

付き合う人が変わると、趣味のすべてが変化する人もいるようだ。

「友達に付き合う人が変わるたびに、趣味も一気に変化する子がいる。相手の趣味になんでも合わせるから、洋服や髪型までもが変わっていくのがおもしろい。


ただあまり相手に合わせすぎていて、まったく自分がないように見えるから気の毒に思うことがある。もっと、自分が好きなものも大切にすればいいのに」(20代・女性)


関連記事:趣味から仕事まで 自分には向いていないとあきらめた経験談

 

■自分がないみたい

趣味を合わせてくれる人に対しては、やはりうれしい感情を持つ人が多い。

「自分の趣味に興味を持ってくれるなら、やはりうれしい。好きな人と一緒に同じ趣味を共有できるのは、とても幸せなことだと思うから」(20代・男性)


一方で、自分がないみたいで嫌だという人も。

「相手の趣味に合わせる人は、無理している感じが痛々しい。一緒にいればお互いになにかしらの影響を受けるので、わざわざ無理はしなくていいと思う」(30代・男性)


好きであるからこそ、そのすべてを受け止めたい気持ちになるのだろう。

・合わせて読みたい→5割は「好きになるとまともでいられない」 恋の病を患った人のおかしな言動

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)