ペーパーレス化が進まないレシート それでも紙がいい人の心理とは

何年経っても変わらないレシート文化 それでも「必要?」

レシート
(laymul/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

お金のやり取りをした際、その証明として手渡されるレシート。ペーパーレスが叫ばれる現代だが、電子化している店舗はかなり少ない。

店舗経営者はつねにロール紙を購入し続けているが、受け取らない客も多く「コスト削減のためにレシート文化をなくしたい」という声は多い。しかし、家計簿をつけている人などからは「レシートは重要」「紙で渡してもらわないと困る」という人もいて、意見が分かれているようだ。


画像をもっと見る

 

■レシートを受け取る?

渡されたレシートをどうしているのか。しらべぇ編集部は全国の10~60代の男女1,880名に調査を実施した。

結果、「必ず受け取る」と答えた人は69.0%。かなり多くの人が、レシートを持ち帰っている。


関連記事:図書館のレシートが平時の3倍超の長さに 原因は新型コロナの影響だった

 

■男女で意識に差

「レシートを必ず受け取る」と答えた人を男女別に見ると傾向が出た。

全体的に女性の割合が高く、60代は86.6%と多くの人がレシートを必ず持ち帰っている。一方男性は受け取らない人もいるようで、20代は50.7%と受け取る人が最も少ない。

次ページ
■職業別でも意識差が

この記事の画像(4枚)