ストローでジュースを飲める理由は… チコちゃんの解説に驚愕の声

『チコちゃんに叱られる』でストローの仕組みについて解説。吸引力はほとんど関係していないようだ。

エンタメ

2020/07/18 07:30

チコちゃん

17日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で扱われたテーマのひとつ「ストローでジュースが飲めるのはなぜ?」が話題となっている。

ジュースを飲むのにストローを使って飲むということが多いだろう。ストローで吸って飲むことに関して疑問を感じる人はあまりいないかもしれないが、チコちゃんが理論的に教えてくれた。



 

■「大気圧で押されているから」

チコちゃんの気になる回答は「ジュースが大気圧で押されているから」という。口から吸っている吸引力はきっかけでしかないようだ。

地球上にあるすべてのものは大気圧によって均等な力がかかっている。そのため、コップに入っている水はストローの内外問わず水面の高さは同じになる。

しかし、ストローで空気を吸うとストロー内の空気圧が一気に減る。ストローの外側の大気圧は減らないため、ストロー内側だけ圧力が変化、水面が上昇して飲めると解説。


関連記事:キャンドゥのマイストロー スタバのフラペチーノと相性最高だった

 

■何メートルまでストローで吸える?

番組では1mずつ高さを変え、何メートル地点までストローでジュースを飲めるか実験を開始。結果、8m地点まで飲むことができた。

この結果を解説してくれた教授に伝えると物理学上の限界は10mなのだと紹介してくれた。


■「初めて知った」と驚きの声

ストローでジュースが飲める意外な理由を教えてくれたチコちゃん。視聴者は「吸ってるから吸引力で飲めると思ってた」「大気圧が関係してるのはじめて」「意外な理由で驚き…」と驚愕の声が多くみられた。

自分が思っていた理由と違う理由で事象が起こっているケースは意外と多いのかもしれない。今後もチコちゃんの解説に期待したい。

・合わせて読みたい→“紙ストローふにゃふにゃ問題”の最適解 『スタバ』店員も認めたテクが最強だった

(文/しらべぇ編集部・Aomi