宮迫博之、カジサックは「だいぶ疲弊」 週刊誌報道に反論しスタッフ移籍も否定

カジサックに関する週刊誌報道について、その一部を宮迫博之が明確に否定。カジサックへの気遣いを見せた。

エンタメ

2020/07/25 10:20


 

■カジサックは「もともとお笑い下手」

また、YouTubeに注力するあまり、カジサックがお笑い下手になっているという関係者談についても「いい加減にしたりや」「カジはもともとお笑い下手です」と愛あるイジりを入れる。

宮迫によると、カジサックの良さは「不器用ながらも、一生懸命ぶち当たって頑張ってる姿があいつの面白さ」だと分析。さらに聞き上手で相手を立てる能力が高いと指摘した。


関連記事:キンコン梶原、アンチユーザーの“うそ”に激怒 「どう考えてもアカン」

 

■裏取り不十分な報道に批判の声も

このように、カジサックのことを守りつつ、先輩として愛あるイジりを入れていった宮迫。週刊誌に対しても、「同じ情報を提供する側なんですから、協力しあってやりたいですから」と、批判しつつも大人の対応をし続けた。

今回の動画に対し、コメント欄では「出版や報道をする人間は人を傷つけていいワケではない。文字で言葉で、殺してしまうこともあることを自覚してほしい」「大人が弱いものいじめしてるようにしか思えない」「週刊誌は信じてないです」などの声が寄せられている。

・合わせて読みたい→宮迫博之、相方・蛍原徹への思い 「いないとどうしようもないですから」

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

この記事の画像(1枚)