マスクなしの観光客増加で日々募る不安 現地に住む人の複雑な本音

「Go Toトラベルキャペーン」が話題の昨今。観光客が増えることによって、観光地に住む人は何を感じる?

2020/07/30 06:15

観光客
(eggeeggjiew/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルスの影響で、経済的に打撃を受けている観光地。この状況を受けて、国内の観光需要喚起を目的とした「Go Toトラベルキャンペーン」が話題になっている。



 

■マスクをしない観光客も…

経済活動の活性化は観光地にとって重要なポイントでもあるが、実際に住んでいる人はどう感じているのだろうか。観光地として有名な山梨県に住むAさんから話を聞いた。

Aさんいわく、一時は閑散としたものの、先日の4連休を前にした20日頃から再び観光客が増え始めているそう。しかし、多くの観光客はマスクをしておらず、Aさんは「正直怖いです」と本音を語る。


関連記事:『横浜中華街』でもマスクが大量販売中 肉まんよりマスクが目玉商品になる事態に

 

■生活のために受け入れるしかない

観光客向けに多くの店が営業しているものの、住人としては「本音は来てほしくないです。でも、生活があるから受け入れなくてはならない」と複雑な心境を訴えた。

また、地方は高齢者も多く、若年層の観光客がマスクをせずに大人数でスーパー等で買い出ししている様子を見ると、感染拡大への不安が大きくなるばかりだという。

→Amazonタイムセール祭り 2/2(木)9時スタート 目玉商品を事前公開!

次ページ
■感染対策に応じない観光客への対応
恐怖観光地観光客不安新型コロナウイルス感染対策Go Toトラベルキャンペーン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング