ジャニーズWEST・桐山照史、運動神経アピールするも「イメージない」と一蹴

ジャニーズWEST・桐山照史がVS嵐で明かした意外なギャップに、嵐をはじめとするスタジオから驚きの声が。

エンタメ

2020/07/31 10:40

ジャニーズ事務所

30日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に、ジャニーズWESTの桐山照史が出演。グループ内での役回りを明かしたところ、イメージとのギャップに驚きの声が上がった。



 

■グループではアクロバット担当の桐山

この日は『第2回 Mr.VS嵐ドラフト会議』が行なわれ、嵐メンバーは共にゲームに挑むゲストをドラフト形式で指名することに。番組冒頭、櫻井翔から運動神経について聞かれた桐山は「僕、こう見えてアクロバットとかやるんですよ」と、自身が戦力になることをアピールしていく。

ここでジャニーズWESTのコンサートの映像が流れると、バック転や高所からのバック宙など、華麗にアクロバットを決める桐山の姿が。しかし、松本潤は「WESTの中で、桐山って動けるイメージないのよ」との本音を述べ、桐山も「そうでしょ?」と相槌を打っていた。


関連記事:『ヒルナンデス』関ジャニ横山裕、「副業ジャニーズ」の紹介に困惑

 

■意外なイメージに驚きが

松本が「ちょっとだって、ぽっちゃりのイメージじゃん?」と続けると、桐山も「そうなんですよ。ちょっとジャニーズ体型ではないんですけど…」とさらに同調。しかし、「じつは隠れて僕が一番動けるんですよ。パワーもありますし」と話し、グループ内でアクロバット担当であることを明かした。

テロップで「趣味はダイエット 特技はリバウンド」と紹介されているように、桐山はガッチリとした筋肉質の体型がトレードマーク。アクロバットという身軽な特技とはギャップがあったのか、嵐をはじめとするスタジオ一同は「おぉー」と驚きにも関心にも似た声を上げていた。


■約4割は「ギャップに萌えがち」

周囲のイメージと実際の特技とのギャップで、一同から一目置かれることとなった桐山。

ちなみに、しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1,653名を対象に調査を実施したところ、全体の42.1%が「異性のギャップのある姿に萌えがち」と回答している。

調査異性のギャップ

メンバーの重岡大毅が『24時間テレビ』(日本テレビ系)メインパーソナリティの1人に選ばれるなど、ここのところメディア露出と人気が徐々に上昇しているジャニーズWEST。桐山の「ギャップ萌え」により、ファンはさらに拡大したかもしれない。

・合わせて読みたい→FAKYのテレダンス動画が最高すぎる これは永遠に観ていられるレベル

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1,653名 (有効回答数)