カジサック、『ダウンタウンDX』での言動を謝罪 「申し訳ございません」

カジサックが『ダウンタウンDX』に出演。バーチャルアイドル・キズナアイのイントネーションがおかしかったことをツイッターで謝罪した。

エンタメ

2020/07/31 15:20

30日、人気ユーチューバー・カジサックキングコング・梶原雄太)がツイッターを更新。出演した『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でのある言動を謝罪した。



 

■キズナアイをフォロー

この日、カジサックとともに番組に登場したのは、バーチャルユーチューバーのキズナアイ。AIを自称するキズナアイに対し、「お前さ、裏でどうせ声やってんねやろ」「ふなっしーみたいなもんでしょ」と述べるなど、序盤からダウンタウンは手厳しい洗礼を加えていく。

すると、カジサックは彼女をサポートするかのように「企業コラボめちゃくちゃされてる」「世界が選ぶ日本人100に選ばれてる」などと情報を小出し。同じくYouTubeで活躍する仲間としてキズナアイを支え、ダウンタウンとの爆笑トークをアシストした。


関連記事:カジサック、娘にYouTube卒業時期を聞いたら… 回答に視聴者涙

 

■イントネーションを謝罪

このようにキズナアイを支え、盛り上がりに貢献したカジサックだが、放送終了後、ツイッターで「申し訳ございませんでした」と謝罪することに。

その理由はキズナアイの名前を呼ぶ際のイントネーション。正しいイントネーションは「キ↑ズ↓ナ↓ア↑イ↓」かつ、名字と名前の間をほんの一瞬だけ開ける感じなのだが、カジサックは「キ↓ズ↑ナ↑ア↑イ↓」という感じだったのだ。

次ページ
■キズナアイはフォローを感謝