太田光、政府のコロナ対応とPCR検査に苦言 内容に「混乱を招く」と批判も

新型コロナウイルスの感染拡大に強い危機感を示す太田が熱弁

エンタメ

2020/08/02 14:20

太田光

2日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、太田光がPCR検査や政府の新型コロナウイルス対応について持論を展開。その内容が物議を醸した。



 

■感染者報道について持論

太田は新型コロナウイルスの新規感染者が拡大している状況について、「世間的に現実がちょっと見えにくくなるような気がして。気になるのは PCR検査の『陽性者=感染者』じゃないですよね。公の機関は陽性者って発表してんだけど、テレビだけが感染者って日々いうわけですよ」と切り出す。

さらに「じつはPCRが陽性になっても、これは陽性じゃなかった場合もあるし、あるいは陰性でも陽性だった場合もある。PCRの精度は70%って言われている中で、おそらく公の機関が陽性者って発表してるのは、感染ではないってことの暗にメッセージだけど、それをなかなか言えないんだと思う」と指摘。

続けて「逆に今、テレビはそれを感染者って報道しちゃうわけ。そうするとね、あの数によってみんな一喜一憂するんですよ。だけど、現実はあの数じゃなくて、重症患者、今、東京で15人ですよね。そうすると前のときと比べたら、全然やっぱり違うっていうのがある」と、現状を分析した。


関連記事:『スッキリ』加藤浩次、PCR検査めぐる持論に「よく言った!」と称賛相次ぐ

 

■東京都医師会・尾崎会長に苦言

太田は今週、東京都医師会の尾崎治夫会長が記者会見を開き「今のやり方では限界」などと怒りを顕わにしたことについても言及。「医者を批判したくない」としながらも「(尾崎会長が)感情的になっていた」「あれを言うんだったらなぜ国民に向けて記者会見するのか」と話す。

そして、専門家のなかには「コロナウイルスがインフルエンザと同程度」と話す人もいるとし、「専門家同士が意見が食い違っている。一番国民が不安になってるのは、誰を信じればいいのかわかんないということ」「船頭がいっぱいいる状態になっている」「尾崎会長の会見は、却って国民の恐怖を煽る」と苦言を呈した。

次ページ
■PCR検査についても持論