立正大学淞南高校関連のコロナ感染者が103名に 晒し行為などには「法的手段も検討」

立正大学淞南高等学校の新型コロナ感染拡大が止まらず。県外に帰省中の生徒にも。

2020/08/13 19:25

新型コロナウイルス・COVID-19
(画像提供:アメリカ国立アレルギー・感染症研究所)

立正大学淞南高等学校の新型コロナ感染拡大が止まらない。島根県松江市は13日、同校生徒3名が新たに新型コロナ陽性となったと発表した。しらべぇ取材班は、市から詳しく話を聞いた。


画像をもっと見る

 

■同校関連の感染者が103名に

新たに陽性が確認された生徒のうち、一人は37℃台の発熱、もう一人の生徒は発熱、咳、吐き気の症状を訴えている。また、このうちの一人は、県外に帰省中だった。また、現在県外に帰省中の生徒が17名おり、帰省先の保健所に検査を依頼中の生徒が11名いることも明らかになった。

これで、生徒96名(うち1名は県外に帰省中)、教職員2名、生徒同居者1名、出入業者の同居家族など4人の計103名が同校関連の感染者となった。松江市健康政策課は、しらべぇ編集部の取材に対して、「現在も濃厚接触者の調査中で、今後も感染者が増える可能性がある」と述べた。


関連記事:高校再開もヤバすぎる「密写真」が流出 生徒に激怒した学校の停学処分で波紋

 

■陰性の生徒も外出自粛

高校によると、陰性の生徒も保健所の指導のもと、各寮・自宅にて待機し、外出を自粛しているという。また、本来であれば18日に始業式の予定だったが、学校再開の目処は今のところ立っていないとのことだ。

さらに、現在無関係の生徒の写真がSNSやネット上に無断掲載されていることについて、早急な削除を求めている。

【Amazonタイムセール祭り開催中】「ポイントアップキャンペーン」同時開催! 6/4(日)まで  詳細はこちら

次ページ
■悪質な無断掲載などには法的手段も
SNS帰省野球部サッカー部新型コロナ陰性陽性立正大学淞南高等学校松江市
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング