30代の6割が「在宅勤務する環境がなくストレス」 作業用デスクが…

新型コロナの流行により、テレワークになった人もいるだろう。在宅勤務する環境がなく、困った人もいるようだ。

ビジネス

2020/08/15 09:00


 

■パソコンに慣れ親しんだ世代

昔からパソコンに慣れ親しんでいた人は、テレワークになっても困らなかったようだ。

「僕らくらいの年齢の人は、パソコンに慣れ親しんだ世代だと思う。スマホで育った若い世代の中には、家にパソコンがない人も多いから大変だったのでは」(40代・男性)


「ネットを使うにしても、スマホよりパソコンのほうが落ち着く。若い人には、なかなか理解できない感覚だろうけれど」(40代・男性)


関連記事:夫婦がともに家にいても… 「在宅勤務で子供の面倒難しい」5割に迫る

 

■家にプリンタがなく

プリンタがなくて、仕事がやりにくかった人もいるようだ。

「家にプリンタがないために、やりにくい仕事があった。テレワーク時代に印刷などアナログすぎると思うけれど、そのやり方に慣れていたので」(20代・女性)


内蔵カメラでは、不満があったという人も。

「パソコンに内蔵されているカメラでは、画質が悪い感じがした。ただ別にビデオ会議で自分の顔が鮮明に見えても意味がないので、それで乗り切ったけれど」(30代・男性)


テレワークがさらに広がれば、家で仕事がしやすい環境を作る人が増えるだろう。

・合わせて読みたい→ベッドの中で仕事する人まで 「テレワーク中にサボった経験」5割に迫る

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年7月3日~2020年7月7日
対象:全国10代~60代の有職者&テレワーク経験者の男女258(有効回答数)

この記事の画像(3枚)