ドラフト史に残るミスをイジられる元ヤクルト・真中満氏 愛される理由とは

ドラフト前になるとミスをいじられる元ヤクルト・真中満氏。その人気は?

スポーツ

2020/10/23 11:00

真中満

26日に開催されるプロ野球ドラフト会議。プロ12球団がアマチュア野球や独立リーグの選手を順番に指名し、交渉権を獲得していくが、1巡目は入札制度で指名が重複した場合は、抽選となる。

そんな抽選で、歴史に残るミスを犯したのが元東京ヤクルトスワローズ監督の真中満氏。2015年のドラフトで、明治大学・高山俊選手のクジを引いた際、外れているにもかかわらずガッツポーズをしてしまったのだ。



 

■真中氏をどう思う?

ドラフトでは失態を犯した真中氏だが、現役時代はイケメン選手の代表格として「球界の真田広之」などと称され、俊足巧打の外野手として活躍。2015年には監督としてチームを優勝に導いた。そんな彼の人気はいかほどなのだろうか。

しらべぇ編集部は全国の10~60代の男女1,894名に調査を実施した。

結果、「好き」と答えた人は30.5%。野球の打率なら、かなり高い数字だ。


関連記事:野手の投手起用でも話題に 巨人・原辰徳監督の人気を聞くと…

 

■年代別に見ると傾向

真中氏を好きな人を年代別に見ると傾向が。

若い男性の割合が高く、10~20代は5割に。一方現役時代を知る世代は評価がイマイチで、50代女性は13.6%とかなり低い割合だった。

次ページ
■現役時代からのファンの声は

この記事の画像(2枚)