ビートたけし、コロナ感染拡大と経済対策のジレンマに言及 「どっちがどっちか…」

ビートたけしがコロナ感染者増加を見て対応に疑問。「かたっぽではGoToイート」と口に出した。

エンタメ

2020/11/15 05:30

ビートたけし・北野武

14日に放送されたTBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』にビートたけしが出演。新型コロナウイルスの国内新規感染者数が増えてきたことを特集するとたけしは国の対応に言及した。



 

■国内新規感染者数が急増

同日の全国感染者数は、最多の1731人、東京では352人となった。8月の第2波では、「夜の街」関連で、若い人の感染者が多かったが、10月第3波では家庭内や職場感染が主で、年齢にバラつきがあるようだ。


関連記事:『TVタックル』ビートたけし、GoToトラベルとコロナに持論 「普通に外歩きたいだけ」

 

■どっちつかずな政策に

たけしは「片っぽはGoToイートとかやってるよね」と政府主導の経済政策が進んでいることに触れつつ、「経済回さなきゃしょうがないっていうのと、感染を防ぐのは表裏一体になっちゃってて、どっちがどっちか…」と一貫性のない対応に困惑していた。

次ページ
■GoToトラベルには批判的な意見も

この記事の画像(1枚)