『鬼滅の刃』最終巻の表紙が判明 1巻との対比に「尊すぎる…」とファン大歓喜

大人気漫画『鬼滅の刃』の最終巻が12月4日に発売。新たに公開された情報を受け、ファンからは歓喜と感動の声が続出している。

話題

2020/11/16 16:00


 

■過去の名作の最終巻を見ると…

ちなみにこちらの「第1巻と最終巻の表紙をシンクロさせる」という手法。漫画ファンの間では「粋な計らい」として非常に人気が高い。

また、長きに渡る連載期間の間で作者の画力が飛躍的に向上した…といったケースも珍しくないため、構図が同じ表紙などはファンとしても非常に感慨深くなる。

ハイキュー!!

同様の手法はこれまでも数多くの作品で披露されており、今月最終巻が発売された、『鬼滅の刃』と同じくジャンプで連載されていたバレーボール漫画『ハイキュー!!』の表紙も非常に話題となった。

単行本1巻では主人公・日向翔陽(ひなた・しょうよう)と、そのライバルであり、よき相棒・影山飛雄(かげやま・とびお)が高校部活のユニフォームを纏って跳躍しており、最終45巻ではプロのユニフォームに身を包んだ2人が同様のポーズをとっている。


関連記事:『ジャンプ』人気ギャグ漫画 単行本化で『アクタージュ』パロが全て差し替えに

 

■構図は似ていてキャラが増えるケース

同じくジャンプ作品となるが、昨年に最終巻が発売された『銀魂』の表紙もファンの間では人気が高い。

銀魂

こちらの1巻では、どこか締まらない表情の主人公・坂田銀時(さかた・ぎんとき)が広大な宇宙に飛び出すワンカットが表紙となっていた。

対する最終巻では、ニヒルな笑みを浮かべた銀時が同様のポーズを決め、そのバックには主要キャラクターが勢揃い…とかなり胸熱な構図に。「漫画作品」における表紙の重要性は、かなり大きいということを改めて感じさせてくれる。

・合わせて読みたい→鬼滅ガチ勢の父親が作った「禰豆子の箱」が話題 気になる誕生秘話は…

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(3枚)