流されやすい人は注意 50代女性の7割が「違法薬物が身近にあってもせず」

違法薬物を使用するのは、もちろん犯罪である。たとえ身近にあったとしても、手を出してはいけないのだ。

ライフ

2020/11/20 09:30

違法薬物の使用は、もちろん犯罪である。たとえ身近に薬物があったとしても、手を出さないのは当然だ。


画像をもっと見る

 

■「違法薬物が身近にあってもしない」6割

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,844名を対象に調査したところ、全体の61.6%が「身近に違法薬物があっても手を出さない自信がある」と回答した。

身近に違法薬物があっても手を出さない自信があるグラフ


関連記事:「違法Tシャツ」で2名が逮捕 私的使用は問題ないのか弁護士に聞いた

 

■強い意志で断る

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

身近に違法薬物があっても手を出さない自信がある性年代別グラフ

まっとうな人生を送るために、強い意志を持っている人が多い。

「違法な薬は依存性が高く、人生を破滅させるようなイメージがある。そのようなものは絶対にやりたくないし、そんなものを勧めてくるような人がいれば縁を切る」(30代・女性)


「見つかれば逮捕されて、社会的信用を失うことになる。そのようなリスクのあるものは、絶対に手を出さない。健康への被害もかなりあるだろうし」(20代・女性)

次ページ
■流されやすい人は注意を

この記事の画像(3枚)