スシロー、店員おすすめの「まぐろの美味しい食べ方」 一度試してみてほしい

『この差って何ですか?』で紹介されたスシローのまぐろのおいしい食べ方。実践してみたところ…

グルメ

2020/11/30 05:30

スシロー

回転寿司チェーン店スシローの人気ネタである「まぐろ」だが、醤油よりおいしく食べる方法があるという。

11月17日放送の『この差って何ですか?』(TBS系)でスシローが取り上げられた際に明かされた食べ方を実際に試してみた。


画像をもっと見る

 

■まぐろは「塩」で食べるとおいしい?

スシロー

定番であり王道メニューのまぐろ(2貫で税込110円)。1日に16万皿も食べられている不動のナンバーワン寿司ネタだ。醤油で食べるのが一般的だが、『この差って何ですか?』では「従業員おすすめの食べ方」を紹介していた。

スシロー

それが、塩で食べるというもの。この食べ方を聞いたタレントの土田晃之は「何でも塩っていう大人は嫌いですけどね」と疑問視していたが、食べた直後には「はっきり言いますけど、これからは塩で食べます」と絶賛していた。

ちなみに、塩は店内のレーンなどに置かれているため、探してみてほしい。


関連記事:スシローが「3貫盛り祭り」を開催 15貫食べても800円で赤字覚悟の皿も

 

■まぐろの風味が段違い

スシロー

「お好みの量」とのことなので、まぐろの中心部分に少量だけかけて食べてみることに。記者も土田同様、「なんでも塩で食べることがウマい説」には否定的だが、口に運んでみると…

スシロー

なるほど、たしかにウマい!! なんだこれは。ほどよい塩味と一緒に、まぐろの風味がガツンと口の中に広がる。塩で食べるとこんなにもまぐろの味を感じられるのか…。記者はスシローの醤油が好きでなるべくたくさんかけたい派なのだが、今後は塩で食べる選択肢も入れたい。

番組MCの加藤浩次は「まず1貫目は塩でいくとか、そういうのいいかもしれない」と言っていたが、まぐろの風味を楽しみたい人はぜひ一度塩で食べてみてほしい。

次ページ
■「本鮪赤身」でもやはりウマい

この記事の画像(6枚)