マヂカルラブリー優勝の『M−1』が賛否両論である理由 正統派の敗北

2020年度の『M-1グランプリ』はどのような大会であったのだろうか。その賛否両論を背景に本大会を考察。

エンタメ

2020/12/21 09:30


 

■正統派と異色派

おいでやすこが

今回「しゃべくり漫才」の型を非常に重視した審査員が、1人印象的であった。オール巨人である。2位通過のマジカルラブリーに88点という、巨人の中でも低めの点をつけているのは特徴的だ。

しかし、巨人においても最高得点はおいでやすこがであったことに、おいでやすこがの漫才の秀逸さが示されている。そして今回特徴的であったのが最終決戦であった。

見取り図が正統派に近いしゃべくり漫才であり、マヂカルラブリーはしばらくボケで寝っ転がる時間があるようなネタであり、おいでやすこがは引き続き歌にツッコむ形であった。


関連記事:『M‐1グランプリ2020』マヂカルラブリーが16代目王者に 野田クリスタルは『R‐1』とダブル優勝

 

■最終決戦の審査

3組中2組が正統派「しゃべくり漫才」から遠くかけ離れている事態に、審査員たちはこれまた面白い審査結果を下す。

巨人が見取り図に票を入れたのは、いかにも「しゃべくり漫才」を推すものであった。同様の結果を下したのは、塙である。松本人志と上沼恵美子はおいでやすこがに票を入れた。

次ページ
■ギリギリの判断か