ニトリ、アスベスト混入「珪藻土商品」の見分け方公開 「わかりやすい」の声も

ニトリのヒット商品に大きな欠陥が判明。ユーザーからは次々心配の声が飛んでいる。

話題

2020/12/24 16:00


 

■公開されたフローチャート

ニトリ
(画像はニトリが公開したフローチャートより)

ニトリが23日に公開したのは、自社製品の見分け方に関する資料。

「お客様より、多くお問合せをいただいております、ご購入商品が安心してご使用いただける商品であるかの見分け方(特徴)についてご案内いたします」とコメントを添え、該当商品か否か判断できるフローチャートを作成した。

ニトリ
(画像はニトリが公開したフローチャートより)

たとえば「長方形、溝あり」は問題なし。「長方形、溝なし、グレーまたはピンク」は問題なしだが、「長方形、溝なし、水色または白」は対象商品の可能性がある。

さらに側面のフチに光沢感あるものは除外されるなどの条件もあり、文字だけで記していくのは難解。現在ニトリのお客様相談室がパンク状態であるのは、きっとこの説明に時間がかかるものと思われ、図示できることは消費者にとっても大きい。


関連記事:今さら聞けない『珪藻土』って何と読む? ニトリなどが商品を自主回収

 

■依然として多い不安の声

問題ある商品をいち早く回収すべく動いているニトリだが、ネットでは「とりあえず使うの止めておけばいいのかな」「色違いだけど同じ商品だから、安全だって言われても怖い」「ニトリさん信じてたのに…」など、依然として戸惑いの声が上がり続けている。

一方、今回の発表資料で所有しているマットが対象かどうかをジャッジできたユーザーも多いようで、「このお知らせで出してくれたフローチャートわかりやすい」「使いやすくて快適だったのですが、どうやら回収対象品でした」「いま愛用してるやつ回収対象だわ」とつぶやく声も散見されている。

・合わせて読みたい→ニトリ、カインズの珪藻土アイテム 環境局は「自己処分控えて」と警鐘

(文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

この記事の画像(2枚)